舎弟②のその後



こんにちは、マルゴです!いちごです!二人合わせてマルイチで~す!



ご心配いただいている我が家のカエルくん、

通称:いちごの舎弟②ですが、

緊急オペが長時間におよび、やっと集中治療室から退院することとあいなりました。




もっともダメージを受けていたのは、背中右上のいちごによる噛みあとで、

もう少しで背骨をくだく致命傷となるところでした。




つぎに、オペの際先生方が気を使われたのは左腹部の深い裂傷でした。




その他にも小さな傷がいたるところに散見され、

オペは当初の予測をはるかに超える長時間のものとなり、

家族はオペ室のランプが消えるまで気をもむ事態になりました。


が、しか~し、このヒトは元気にお散歩に励み、





舎弟②の窮状にはまったくの無関心でありました。


っが、しか~し!舎弟②はどこまでもけなげであります。




集中治療室から出たとたん、みずからいちごのベッドに飛び込んだのです。

今は舎弟②のカエルくんは腹だし状態で再会を楽しんでいるようにみえます・・・。




本日はいちごが幼稚園に行ってめちゃくちゃ遊んで疲れています。

カエルくん、明日はわかりませんよ・・・。




byマルゴ&いちご&ときどきアンド―

プロフィール

maruichi

Author:maruichi
フレンチブルドッグ:マルゴといちごの
日々を綴ったブログです。

詳しいプロフィールは
コチラをご覧ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
過去の記事はこちら
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR