その後のその後


みなさん、こんにちは!いちごです




最近いっちゃんはこういう柱の陰から

「家政婦は見た・・」状態のことが・・・。

なんか考えているのでしょうか・・・。



さて、あれから動物の死後の世界などについて

いろいろ本を読みあさりました。

で、まさにマルは今こんな感じです。




少し長くなりますが、虹の橋の伝説を引用します。

「天国の手前に“虹の橋”と呼ばれる場所がある。
この星で人間の友だった動物たちが、
亡くなったあと待っている場所だ。

美しい草原と緑の丘が広がっているのは、
友だちが駆けまわり、遊ぶため。
好物は食べ放題、飲み水は尽きることがない。
来る日も来る日もお天気に恵まれる。

それもこれも、小さな友だちが、
あたたかく、のんびり暮らすためだ。
病に倒れた子も、年老いた子も、
今ではみんな健康と若さを取り戻している。
傷ついた子も、障害を負った子も、
夢の中で見た、昔の元気でたくましい姿にかえっている。
どの子もこの上なく幸せで満ち足りている。

一つだけ気がかりなのは
あとに残した人間のこと。
それでも、駆け回り遊んでいるうちに、
いつかその日は来るだろう。
ふと立ち止まり、遠くの丘に目を向ける日が。
口笛か合図が聞こえたかのように、
瞳をキラキラ輝かせ、体を喜びに震わせる日が。

そして急に群れを離れたかと思うと、
草原を軽やかに跳ねるシカのように、
どんどんスピードを上げて走っていくのだ。

そう、遠くにあなたの姿を見つけたから。
とうとう再会を果たしたのだ。
うれしくてうれしくて、あなたは、
この懐かしい友を強く抱きしめるだろう。
もう二度と離れたくないから。
顔じゅうに幸せのキスを注がれて、
昔どおりのかわいい頭を撫でれば、
疑うことのない無垢な瞳が見つめてくる。
ずっと昔に分かれてから、
一度も忘れることはなかった相棒の目だ。
さあ、最愛の友と並んで虹の橋をわたろう。
今ここに、聖なる環は完結するのだから。」
(ウイリアム・プリント作)



マルゴは好物食べ放題なら、間違いなくサンマです。




いちごもこんな余裕の表情を見せるようになりました。



マルゴも少しは安心しているかもしれません。








byマルゴ&いちご&ときどきアンドー

テーマ : フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル : ペット

プロフィール

maruichi

Author:maruichi
フレンチブルドッグ:マルゴといちごの
日々を綴ったブログです。

詳しいプロフィールは
コチラをご覧ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
過去の記事はこちら
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR